普段からケアしていてもかかってしまう虫歯たち

>

とにかくケアしていてもついなってしまう厄介な虫歯

虫歯になっても歯医者はいやだ

普段からしっかり歯磨きしているつもりでもなぜかできてしまうのが虫歯ですよね。
単に歯が痛んでしまったものからほうっておくと痛くて痛くて最終的には歯を抜かなくてはならない羽目に陥ることもあります。
となると頼りになるのは歯医者さんということになるのですが、なかなかは医者さんに行くのは苦手でという方は多いですね。
この苦手意識はまずほとんどの方々が持っているものかと思います。
どうして歯医者というとイメージが良くないのでしょうか。
まあ、お医者さん全体にいえることですが、いいイメージを持ってる人って多くはないですね。
ただ、歯医者が苦手という人の比率はとくに多いような木がしてなりません。
これはどうしたことなのでしょうか。

どうして歯医者が苦手なのか

その歯医者が苦手の実態ですが、やはり治療そのものにかかわる要因が多いように感じます。
まず大体の治療が歯を削る方法がほとんどな事、このために歯茎に痛い麻酔注射をされるのが大きいですね。
あれ結構痛いですし、最近はかなり良くなっているとは聞きますがヤッパリ苦手なものは苦手ですし、麻酔が覚めるまでの感じもきついですね。
まずここは結構感じる人多いと思います。
そしてなんといってもあの歯を削るときのキーンという音を立てる機械のイメージが良くないですね。
あれを聞いただけで気分が萎える人も多いかと思います。
あと一回で治療がほとんど済まなくて、何回も通院しないといけないのも原因のひとつかもしれないですね。
その辺も我々現代人にはキツいところかもしれませんね。


この記事をシェアする